足のむくみと急性腎不全

急激な腎機能の低下の結果、体液の恒常性が維持できなくなった状態を急性腎不全という。
・症状
通常の1日の尿の量は1500ml程度ですが、急性腎不全の場合500mlほどに少なくなってしまいます。
そして、尿量の低下とともに顔や手、足のむくみの症状が出てきます。
嘔吐、精神障害を伴う事もあります。

病歴をはっきりさせることが最も大切です。
急性腎不全の診断は、血液検査での血清クレアチニンの値でわかりますが、これまでかかった病気、受けた検査や手術、薬物の服用歴とアレルギー、健康食品や嗜好品などについて詳細に医師に伝えることが、原因の早期診断につながります。